大凧便り196号 投稿日:2022/09/26(Mon) 16:23 ホームページ
大凧便り196号を発行しました。
9月29日(木)から始まる「〜聖徳太子〜こども遊彩画展」等を掲載しています。
ご覧ください。

ホームページ
ダウンロードしてください。
ダウンロード→:2372.pdf (1071KB)

令和4年度『チャレンジ“大凧”... 投稿日:2022/09/18(Sun) 12:39 ホームページ
東近江大凧保存会では、滋賀県東近江市の地域文化であり、国の無形民俗文化財にも選択されている「東近江大凧」の将来の担い手となる子ども達に、その製作及び飛揚技術を伝授するプロジェクト『チャレンジ“大凧”』の参加者を募集します。この事業は、小学生の5,6年を対象に8畳サイズの大凧作り教室を開催し、細部にわたり大凧の製作・飛揚技術を伝承することにより将来の担い手を発掘しようと開催するものです。
ホームページ
1 開催期間  令和4年10月から令和5年1月(具体的日程は後記)
2 開催場所  東近江大凧会館別館を製作拠点
3 参加募集要項 @東近江市内の小学5年、6年生
A親の承諾(会場までの送迎等)・同意のある人
        B参加費 1000円
        C募集人数 20名(先着順)
        D締切 10月2日(日)
4 開催内容  
製作大凧 8畳敷き(約4m四方)1枚
製作日程
 10月22日(土)午前9時30分〜11時30分 説明・のりつけ式 紙継ぎ
 10月29日(土)       〃       墨打ち・紙巻き
 11月 5日(土)       〃       下絵
 11月12日(土)       〃       色付け
 11月19日(土)       〃       骨組
 11月23日(水)       〃       骨組(絵骨)
 11月26日(土)       〃       合体・願い札貼り
 12月 3日(土)       〃       糸調整(蒲生体育館)
飛揚日程
12月10日(土)午前9時30分〜11時30分 大凧揚げ 
会場 蒲生第1グラウンド
まとめ
 1月14日(土)午前9時30分〜11時30分 まとめ、今後の大凧との関わり方
行事                        行事への参加
 1月8日(日)午前11時30分〜午後2時  祝新成人大凧飛揚に参加


〜聖徳太子〜こども遊彩画展 投稿日:2022/09/01(Thu) 09:49 ホームページ
日本画家垣見真由美さんが日本画と絵手紙から生まれた遊彩画で東近江市内の聖徳太子ゆかりの社寺などを紹介します。
ホームページ
〜聖徳太子〜こども遊彩画展
開催期間 令和4年9月29日(木)から10月23日(日)まで
開館時間 午前9時から午後5時まで(最終入館は午後4時30分まで) 
期間中の休館日 水曜日、10月11日(火)
入館料 一般 300円 小中学生 150円


ホームページ
チラシです。ダウンロードしてください。
ダウンロード→:2367.pdf (620KB)

東近江市内博物館連携ポスター秋... 投稿日:2022/08/20(Sat) 11:02 ホームページ
東近江市内の博物館・美術館が9・10・11月に開催する展覧会の連携ポスターです。
市内の公共施設に掲示されます。

夏休み特別企画「妖怪が描かれた... 投稿日:2022/07/04(Mon) 13:36 ホームページ
東近江大凧会館では、日本三大妖怪と言われる鬼・天狗・河童、「百鬼夜行絵巻」から飛び出した妖怪、ちょっと怖いけれども憎めないユニークな妖怪などが描かれた凧を紹介します。暑い夏、妖怪の凧で涼を感じてみよう!
ホームページ
開催期間 令和4年7月14日(木)から8月28日(日)まで
開館時間 午前9時から午後5時まで(最終入館は午後4時30分まで) 
期間中の休館日 
水曜日、7月19日(火)、7月26日(火)、8月12日(金)、8月23日(火)
入館料 一般 300円 小中学生 150円


ホームページ
チラシはダウンロードしてください。
ダウンロード→:2357.pdf (404KB)
ホームページ
東近江大凧会館では、凧の愛好家が製作した妖怪の凧41点が並ぶ、夏休み特別企画「妖怪が描かれた凧」が7月14日(木)が始まりました。
館内に入ると開運などの御利益があるといわれる天狗、水神の仮の姿とも言われ、「商売繁盛」「金運」にご利益があるとされる河童、疫病を退治してくれるアマビエ、鬼を描き、子供の成長を願う凧などが展示されています。
また、小野喜象(日本の凧の会、染織デザイナー)さんが製作した妖怪の凧12点は、「百鬼夜行絵巻」を題材に、平塚岩夫(日本の凧の会)さんが製作した妖怪の凧13点は「河鍋暁斎画 新富座妖怪引幕」と「百鬼夜行絵巻」を題材されています。


[1] [2] [3]

- Joyful Note -